育成カリキュラム

棟梁までの流れ

育成カリキュラム

1年目

1ヶ月〜3ヶ月
●安全講習
●基礎知識習得
●建物の構造を覚える(土台・上棟・屋根の仕組み)
●資格の取得

3ヶ月〜2年目にかけて
●窓台筋交いの施工
●構造用金物の取り付け
●構造用合板の施工(外壁)
●ベランダの施工
●下屋の施工


2年目

2年目〜3年目にかけて
講師の指導のもと2人1組で内装工事に入ります。
●天井野縁(天井の骨組)
●床張り(フローリング)
●断熱材の施工
●窓枠・ドア枠の施工
●壁ボードの施工


3年目

3年目〜
いよいよ卒業検定(独立)に向け実践的な仕上げ工事に入ります。
ここでは、土台〜仕上げまで、講師の指導のもと2人1組で行う事により
更なるスキルアップと自信をつける事を目指します。
●階段
●和室(講師指導のもと)


4年目

4年目〜
卒業検定の項目としてある1棟45日を目標とした工程表通りに
1人で行ってもらい、目標を達成した者から卒業検定に入ります。

<検定項目>
●工期内完成(45日)
●仕上り
●現場の美化
●安全面